忍者ブログ

かみなり

特定される危険性

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

特定される危険性


2014年9月23日に産経新聞が配信していたニュースで、“写真ばらまき騒動 ネット拡散狙い“演出”・・・消せない「デジタルタトゥー」”というタイトルの記事に書かれていたことに共感しました。「危機感がない」。記事には、神戸大学が抱く員の森井昌克教授のお話があります。情報通信工学。「スマートフォンの普及で誰でもすぐに写真を撮って投稿できるようになったが、その怖さを分かっていない人が多い」と警鐘を鳴らしています。うちもそう思っていました。インターネット上にも防備に自分の顔写真とプロフィール、どこ行った、今ここにいるなどの情報を自ら発信している人が多い事多い事・・・。
それは若い子に多いです。そしてこの晒し行為、【肖像権の侵害にあたる】と弁護士さんが指摘しています。さらに、誹謗中傷などの言葉を書き加えて掲載した場合は、【名誉棄損】で損害賠償請求できる可能性もあるそうです。手軽さゆえに考えることが出来なくなっているのか・・・。

ヒプノセラピー東京都
前世の人生の重要場面を見る
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。